「介護保険制度とは」介護保険は被保険者が保険料を出しあい、介護が必要となったときに認定をうけ、必要な介護をうける制度です。

相関図

「介護サービスの利用手続き」介護保険のサービスを利用する場合は、各区市町村に要介護(要支援)認定を申請し、認定を受けた後、介護支援専門員(ケアマネジャー)等が作成するケアプランに基づきサービスを利用します。

kaigo_pic4

【2.要介護(要支援)認定】介護や支援の必要な度合いを判定します。[訪問調査]申請後、認定調査員が家庭等を訪問し、心身の状態や日常生活の状況等について聞き取り調査を行います。[一次判定]訪問調査の結果と主治医意見書の内容の一部をコンピューター処理し、得られたデータをもとに、保健・医療・福祉の専門家による介護認定審査会が一次判定を確定します。[二次判定]一次判定の結果と主治医意見書をもとに、介護認定審査会が総合的に判断して、二次判定を行います。[結果の通知]二次判定の結果に基づき、区市町村が要介護(要支援)認定区分等を決定し、申請者に通知します。

【3.ケアプランの作成】介護保険のサービスを利用するときは、まず、介護や支援の必要性に応じてサービスを組み合わせたケアプランを作成します。[要介護1〜5と認定された方]ケアプランは、居宅介護支援事業所のケアマネジャーに作成を依頼することができます。自分で作成することも可能です。[要支援1〜2と認定された方]ケアプランは、地域包括支援センターに作成を依頼することができます。自分で作成することも可能です。 要介護(要支援)認定の区分によって、介護保険で利用できるサービス費用の上限(支給限度基準額)は異なります。

【4.サービスの利用】ケアプランに基づいて、サービス提供事業者や介護保険施設と契約を結び、サービスを利用します。■契約時に、サービス時間、料金、内容、キャンセル時の取扱い、苦情への対応などを確認しましょう。■サービスにかかる費用の1割は自己負担となります。ただし、支給限度基準額を超えた利用部分は、全額自己負担となります。■要介護(要支援)認定で非該当と認定された方でも、地域支援事業で生活機能を維持するためのサービスを利用できる場合があります。最寄りの地域包括支援センターにご相談ください。

  • HAPPY SENIOR LIFE 高齢者住宅で暮らしてみませんか?
  • 住宅型有料老人ホーム ケア・ブリッジ吉田
  • サービス付き高齢者向け住宅 ケア・ブリッジ青山町
  • 高齢者対応賃貸住宅 ビーバー八尾苑
  • 高齢者向け賃貸住宅 はーとらいふ若江南
  • サービス付き高齢者向け住宅 ことこと久宝寺